スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- )-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イナバウアー
「イナバウアー」

B’zの稲葉さんのファンのことではありません。

イナゴの化け物でもありません。 ←コワすぎ


トリノオリンピック、フィギュアスケート日本代表の荒川静香選手が
得意とする、上体をおもいっきり反らせて滑る技の名前。

今まではフィギュアスケートの技というと、ジャンプや回転数などに
注目しがちだった。
しかし、この荒川選手の「イナバウアー」を取り入れた、トータルで魅せる美しい演技。
このおかげで、大技を決める決めないということよりもフィギュアスケートの本来の良さ、いかに観客を魅了する美しい演技ができるかどうか、ということに気づかせてもらった感じがする。

まさに氷上のアーティスト

その結果の金メダル
誰もが納得のはず。
スポンサーサイト

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

2006 / 02 / 27 ( Mon )15 : 24 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ラーメンフォーク
ラーメンチェーン「スガキヤ」をご存じでしょうか?
東海地方の方ならば、1度は食べたことがあるかと思います。

「スガキヤ」ではレンゲの代わりに”ラーメンフォーク”という
フォークとスプーンを足して2で割ったような食器を使う。




これは「スガキヤ」が先割れスプーンをヒントに独自に開発したものらしい。
今まで何気なく使っていたが、結構ユニバーサルデザインしているように感じた。

独特の形状に注目。

スプーンの受けの部分と枝の部分がオフセットしている。
このカタチは幼児や障害者用スプーンによくみられる。
大きさもほどよいサイズでスープも飲みやすい。
又、パスタをフォークとスプーンで食べるように、麺をスプーンで受けて、箸を使って食べるといった方法にも対応できる。


今後も新たな発見に出会えるよう、ユニバーサルデザインの観点でいろんなモノを見ていきたいと思った。

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

2006 / 02 / 20 ( Mon )14 : 24 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
モナコ
「アイランド」という映画をDVDで見た。
主演がユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン、マイケル・ベイが監督の映画だ。

ストーリーは省略するとして、この映画の中でユアン・マクレガーがプロダクトデザイナーの役柄を演じているのだが、特にココでの彼のファッションに注目したい。

主人公が自宅からとある場所へ外出しようとするシーンがあって、そこで身につける腕時計が、

タグホイヤーの「モナコ」。

プロダクトデザイナーらしいチョイスに、深く共感。


そして愛車。

時代設定が近未来なので現実には存在しないが、ランボルギーニ・ムルシエラゴを思い起こさせるデザインをした、

キャデラック。

やっぱりこのへんのチョイスは、アメリカ。


久しぶりに、デザインという部分で刺激を受けた映画でした。
近未来のファッション、デザインに興味のある方にはオススメかも…。
(…ストーリー自体はどおってことなかったですけどね。)

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

2006 / 02 / 15 ( Wed )12 : 41 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
始まったな
いや~、始まりましたねオリンピック!
また眠れない日々がやってきましたね。

さて、みなさんはどの種目に注目していますかね?
やっぱり、フィギュアスケートですか?

自分はショートトラックが好きなので、毎回注目してます。
あの、ギリギリでの駆け引きがイイんです。競輪に似てるのかな。
結構、頭脳戦だったりもするので、日本人の身体的能力のハンデもあまりないし。

それでも当然、どんな種目でも日本を応援しますよ。

ガンバレ!ニッポン!

テーマ:トリノ五輪 - ジャンル:日記

2006 / 02 / 13 ( Mon )10 : 03 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
デザイナーの悩み
とあるホームページからの引用ですが、私もこれと同じ悩みに苦しんでいる日々です。
非常に共感できる部分が多々ありましたので、長文ですがちょっと紹介したいと思います。


●デザインへの批判

デザインとは不思議なことに誰もが批判できます。批判できる能力がその人にあろうとなかろうと。

何故でしょうか?例えばある製品の電子基板と部品を見て「ここの回路をこの部品でこのように設計したら良い性能が出るはずない。」とかの批判が可能な人は、その設計者と同レベル、もしくはそれ以上の知識を得た者にしかできません。

それ故私はある製品のデザインの際に、設計の初期の段階で電子技術者から基板のサイズは何cm×何cmという風に条件が出されると、私はほとんど批判なしにそれが可能なデザインに着手します。なぜなら私は電子回路についてもその部品についても全く知識がないし電子や電流は私の目には見えないからです。さてメカニズムの方になるとちょっと話が変わります。


ものの外形として目に見えるものは注意深く観察し、何故構造がそうなっているか等のメカニズムの疑問を尋ねたり、その結果起こるデザイン上の不利益がある場合に置いてのみ技術者に対し「何故この位置のモーターからわざわざベルトを介してこのギアを動かす必要があるのか?」などという批判をし変更を求めることはあります。これはモーターやギアはきちんと目に見えるからです。


デザインの場合には多分全ての人が批判、評論します。例えばそのものをデザインした人は、ほぼ間違いなく普通の人よりはいわゆる絵を描いたり色を組み合わせたりする能力に秀でた人間で、入試により選抜されて例えば○○美術大学を出て、そしてまた就職時に選抜された××企業のデザイナーです。そのようなプロが行った行為に特別な美術教育を受けなかった普通の人が批判をするということはとてもおそれ多いことと思わないのでしょう。普通の人は幸運にもデザインを批評するこのような場所に招待された途端、自分の小中学校の美術の成績を棚に上げて?こういうのです。「パッとしないね。」「野暮ったいね。」「私の好みじゃないわ。」「変なかっこう~。」「斬新すぎるんじゃない?」等々。


音楽の場合には「私は音痴で歌は下手です。」という人はいるのに、「私にはわからないデザインです。」「私はこのデザインを理解する能力がありません。」と言う人は何故かいません。みなさん裸の王様を演じるのです。
(しかしご自身は音痴の人でも、美空ひばりの歌がうまいことはわかりますよね。本当に音痴の人は自分の音程が外れたことが全くわかっていないそうです。それがわかる人は実は音痴でないそうです。歌う訓練が足りないだけ。)


もし新製品のデザインを決定する大事な会議がとある企業内部であったとしましょう。 例えばガリレオのように100人の馬鹿な人間の前で一人の天才が逆に「阿呆」にされる場合も考えられるわけです。さてそうなった場合有能なデザイナーは一体どうするのでしょう。


反対意見の中心人物をその席で集中的に攻撃し、デザイン知識の無知を指摘しましょうか?

でもその人物がクライアントの、もしくは自分よりも上級職だったり社長だったらどうしましょう?「俺はGマークとifとアメリカンアワードとゴールデンコンパスとを受賞したデザイナーだ!」と威張ってみても、そもそもデザインに門外漢の彼らにその意味が分かるはずもありません。彼のポケットに葵の印篭が必要でしょうか?。

やってられるか!と机をひっくり返し、椅子をけ飛ばして、ドアを蹴りやぶって退席しましょうか?プライドある一人の男の行為としては拍手物でしょうが、彼にとって事態はますます悪くなる一方です。

飲み屋で知人を相手に「あいつらは俺のデザインがわからん馬鹿ヤローだ。」とその後くだでも撒きましょうか?これでは自分の作ったデザインが理解されなかったという状況はいっこうに好転しそうにありません。

ならいっそのこと会議の時に周りの人に土下座をして「一生のお願いですから私のこのデザインを認めて下さい。」と懇願しましょうか?デザイナーという人種は基本的にプライドが高くわがままで自己チューなのでこのようなことは多分、彼のプライドが許しません。
どうやら八方ふさがりのようです。

ではデザインの作り手と批評する側のこのギャップをいかにして埋めたらよいのでしょうか?それどころか最終的な評価を下すべき受取り手(ユーザー)は実はこの会議の席には誰一人いないのでは?ということにおのずから疑問がわきます。

企業内部ではその最終のユーザー以前に、秘密裏に密室で特定のスタッフによりデザインの評価が日常的に行われています。例えば営業サイドは、今までの製品に対しての評価(売り上げや市場での占拠率というデーターを)を持っている。という風にいいます。ところが営業マンが顔を合わせ、話すことができるのはせいぜい小売店レベルまでです。彼らも相変わらず最終ユーザーの素顔と、今までの商品が何故、何が気に入られたのか?はたして自分たちがターゲットとした人に本当に売れたのかさえ、実の所知りません。 気に入って買ってはくれたけれど、それ以降その製品をユーザーがどのように感じているかなどは全くもって知りません。

私も含むデザイナーはそれと同じくらい最終ユーザーの素顔を知らずに非常に狭い範囲の自己知識でデザインを行っています。他社の成功例や同類の製品の情報を取り寄せたり研究したりしても、自社のデザイン失敗例についてその商業的敗因をまじめに分析し、今後の自社のデザインに積極的に生かす様なこともないようです。



★最後にある調査・分析の部分ですが、特にインハウス・デザイナーの場合、業務にどうしても壁が出来るため、周りの協力なしではどうしようも出来ないところでもあります…。

…ムカツクけど…、

まぁ、がんばりますよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2006 / 02 / 07 ( Tue )13 : 28 : 17 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
業界にもいよいよ「春」がやってきたみたいです。
各メーカーより新しい機種が次々と発表されています。
たとえばコレ

eva2.jpg


CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクト

初号機デカっ!!

名前どおり、盤面役物のインパクトがスゴイ。前作以上です。


続いてはコレ


sonata.jpg


CRぱちんこ冬のソナタ

TVCMも始まりましたね。
トラブル解決でついに出ましたね。京楽さんがうらやましいです…。
なんといっても販売戦略がうまい!
あんなCM流したら、ホールに導入される前にユーザーが知っちゃってるんだからね。ホールは買わざるを得ない。
詳しくはメーカーホームページへどうぞ。

京楽ホームページ



何はともあれ、2~3月は新機種ラッシュですよー。
(私がどんな業界人かバレちゃいましたね。)

テーマ:パチンコ・スロット - ジャンル:ギャンブル

2006 / 02 / 03 ( Fri )13 : 27 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。